エアコン掃除のやり方とは

query_builder 2022/01/24
ブログ
12

エアコンの掃除ってあまり頻繁にやらないという方もいると思います。   しかし、エアコンを使う度に送風口から本体内部に溜まった埃やカビを撒き散らしていると思うと恐ろしくないでしょうか。   何とかしたくても掃除のやり方がわからない方もいると思います。 そこでこの記事ではプロがオススメするエアコン掃除方法などを紹介していきます。  



エアコン掃除をしなかったらどうなる?



エアコンは使えば使う程汚れていきます。   エアコンを掃除しないまま使っていると、身体とエアコン本体に様々な悪影響を及ぼす可能性があります。   冷房や除湿を使ったエアコンの内部は結露して、埃を養分とするカビが発生しやすい状態です。このままでは、エアコンを使う度にカビの胞子を撒き散らしかねません。 カビが、鼻炎やぜんそく、皮膚炎や肺炎などを誘発します。  


アレルギー体質の方はもちろん、乳幼児や高齢者がいる家庭では特に注意が必要です。 また、埃が溜まったエアコンを使うと、空気の通り道を塞いでしまうので運転効率も悪くなります。  


フルパワーで運転しても涼しくならない、暖かくならないなどのエアコンの効きが悪いと感じる原因となります。消費電力も増加して電気料金が上がってしまいます。   さらにエアコン本体の寿命も縮めるリスクにも繋がってしまいます。       



エアコン掃除を自分でできる場所は?


エアコンは高い所に設置してあり、さらにカバーが付いているので頻繁には掃除しづらいと感じる方も多いようです。しかし、エアコンを常に綺麗に清潔で快適に使う為には、定期的なお手入れは必要です。   自分では、エアコンの内部深くまで掃除はできませんが、それ以外なら自分で掃除できる場所があります。定期的にお手入れすれば、エアコンの状態を清潔に保てます。  


一般的なエアコンで掃除できる場所は、本体の外側とカバー、フィルターとルーバーです。   エアコンの本体外側とは、エアコン本体の上、両側面、全面のカバー、カバー下のルーバー、本体の下部分です。   つまり、エアコン外側のプラスチックの部分ですね。 ルーバーは下に吹き出す風向きの角度を調節する横長の細いパーツです。 フィルターはカバーを開くと内側に取り付けてある薄い網目状のものです。  


本体外部とカバーは、3ヶ月に1回程度は掃除しましょう。埃が溜まるので、雑巾を使って水拭きします。なるべく固く絞り、水気が多くつき過ぎないようにしましょう。  


フィルターも自分で掃除することができます。 エアコンのカバーを開けたら、静かにフィルターを外し、フィルター表面についている埃を掃除機で吸い取りましょう。  


掃除機をかけてから、フィルターを裏返しシャワーで細かい埃を流します。 細かい部分に詰まっている埃は、歯ブラシを使いましょう。   タオルで水気を拭き取って、新聞紙の上などに置いて完全に乾かします。 週1回くらいは掃除しましょう。  


エアコンの風が出てくる部分のルーバーは、電源を切ってから手で回して開きましょう。 割り箸などの細い棒にキッチペーパーを巻き付け、輪ゴムでしっかり止めます。   それをぬるま湯につけてしっかり絞ってから、ルーバー部分に付いた汚れを落とします。 ルーバーも、3ヶ月に1回くらいは掃除しましょう。     





エアコン掃除の頻度


エアコン掃除の頻度は、使用場所や環境によって最適な頻度が変わってきます。 例えば、キッチンの近くに設置されたエアコンだと油汚れ等が付着しやすくなります。 喫煙者がいる場合はヤニで変色しやすくなります。  


環境に応じた掃除の頻度を調整しましょう。 自動お掃除機能のないエアコンのフィルター掃除は、少なくとも2週間に1回程度の掃除がオススメです。   国内のエアコンメーカーでも月に2回程度の掃除を推奨しています。 ただし、在室時間が長くてエアコンの稼働時間が長い場合や、家族の人数が多い家庭などはさらに掃除の頻度を増やした方が良いでしょう。   また、風が強い時など部屋が埃っぽいなと感じた時にはフィルターも汚れやすいので、こまめに掃除しましょう。  



エアコン掃除で用意するもの



■脚立や安定感のある踏み台など フィルターに手が届かない時に使います。しっかりとした台や脚立等を使いましょう。  


■掃除機、隙間ノズル、ブラシノズルや細口ノズルなど エアコンの本体上部や表面などの埃を取るのと、フィルターを外した時に埃を取るのに使います。高い場所の埃を取るには延長ホースを付ける、または柄の長いモップを使いましょう。  


■柔らかい雑巾や古布 汚れた部分を拭き取るのに使います。他には割り箸に古布を巻き付けて使います。  


■古歯ブラシ フィルターの洗浄や、細かく入り組んだ部分の埃取りや汚れ落としに使えます。  


■埃取り用ハンディモップ 本体内部や表面の埃取りに使います。柄の長いものや、角度が自由に曲げられるものがオススメです。  


■台所用の中性洗剤 油っぽい汚れなどのガンコな汚れ、フィルターを水洗いする時に使います。  


■タオル 水洗いしたフィルターを乾燥させる前に、タオルで挟み水気を取るのに使います。  


■割り箸 割り箸に古布を巻き付けて、ルーバーや内部の掃除に使います。       



エアコン掃除の手順 エアコンを掃除する時には、埃などが床に落ちないようにエアコンの下に新聞紙やビニールなどを敷いておきましょう。   まずはエアコンの電源を切ります。カバーが閉まってしばらく経ってから電源プラグを抜きます。本体上部や周りの埃を掃除機で吸い取りましょう。         

カバーを外す事ができるタイプなら外し、外せないタイプはそっち持ち上げて開きます。この時点で、カバー裏やフィルター表面の埃を掃除機で吸い取ります。フィルターに埃が溜まっている状態で取り外すと、埃を撒き散らしてしまうためです。  


次に、エアコンの全面の蓋をゆっくり持ち上げ、カチッと音がして手を離しても開くようになったらフィルターを外さずに表面に掃除機をかけて埃を取りましょう。  フィルターをそっと取り外し、広げた新聞紙の上にフィルターの表面を上にして置いて、掃除機で丁寧に埃を吸い取りましょう。裏側から掃除機を当ててしまうと埃が詰まりやすくなります。   急いでエアコンを使う場合はこれだけでも良いのですが、さらに水洗いすると清潔になって臭いも取れます。  


フィルターの裏から水やシャワーを流しかけます。   シャワーだけで取れない埃や汚れは古歯ブラシに薄めた台所用中性洗剤を付けて、やさしくこすり洗いすると良いです。   汚れが酷い場合は、薄めた洗剤液にしばらく浸しておきましょう。その際には漂白剤や熱いお湯は使わないようにしましょう。その後、洗剤分をすすぎ流して水を切ってからタオルで水分を優しく押さえるように拭き取ります。   拭き取った後は、風通しの良い場所で吊るして陰干しして、完全に乾かしましょう。  


本体内側の見える部分の埃も掃除機で吸い取りましょう。 細かく入り組んだ場所は、ハンディモップで埃を絡め取って除去します。この時に埃を奥に押し込んでしまわないように注意しましょう。  


その後、割り箸に巻き付けた布や柔らかい雑巾で、ルーバーを優しく乾拭きします。 乾拭きで汚れが取れない場合は、水やぬるま湯に浸した布をしっかり絞ってから優しく拭きます。   洗剤の使用を禁止している製品もあるので、必ず確認してから使うようにしましょう。  


エアコンのメンテナンスはプロにお任せ下さい! エアコンの掃除はある程度は自分でできますが、内部なども含めるとプロに任せる方が安心です。   主に業務用エアコンなどのエアコン点検などを行っている弊社ですが、ご相談いただければどのような内容でも対応させていただきます。   まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。

NEW

  • 顧問の先生つけました!

    query_builder 2022/04/19
  • エアコンの家庭用と業務用とでは、どんな違いがあるのか?

    query_builder 2022/04/19
  • 鬱な気分に効くビタミンDとは

    query_builder 2021/11/11
  • 春にオススメの映画は?

    query_builder 2022/03/11
  • 業務用エアコンの点検や設備のメンテナンスの重要性について

    query_builder 2022/03/11

CATEGORY

ARCHIVE